BBQする方へ コロナ対策と注意事項 withコロナ

今後のBBQと新型コロナウィルスについて


新型コロナウィルスの感染者も再び増えてきているなかではありますが、バーベキューやキャンプをする方が急増してきております。

たしかに、3密の密閉ではありませんが、残りの密集、密接はこれまで通り実施すれば、確実に該当してしまいます。『withコロナ』の時代となった今、新しい生活方式、これまでの考え方を変えていく必要があり、BBQにおきましても同様です。

このブログを参考にしていただき、幹事様を筆頭に参加者全員が感染症対策に対する意識を高めて頂き、安心安全にBBQして頂ければと思います。

幹事様の役目

  • 参加者にコロナ対策をしっかり伝える。
  • 対策を徹底的に実施する。
  • 普段の生活からコロナ対策を意識してもらう。(withコロナ

コロナ バーベキュー

BBQする時の注意点

3密を避ける工夫

新型コロナウィルスの感染症対策として、『3密(密閉、密集、密接)の場所に気をつけましょう』とされています。

密閉

バーベキューは基本外でするので、密閉空間に該当しません。しかし4方囲まれているテントやタープテントに風除けで囲うなどすると密閉空間になるので、使用しない方が良いと思います。

密集

公園やBBQ場など、多くの方がBBQする場所では注意が必要です。隣のグループとの距離は最低3メートルは確保したほうが良いです。もちろん他のグループがBBQしているところに近づくのも気にした方が良いです。
あとは、水場やトイレなどの共有スペースも人が集まりやすいことから、マスク着用を徹底し、順番を待つときは少し距離をとり、待った方が良いです。

密接

グループ内でも密接をできるだけ避ける必要がある為、人数分の椅子、テーブルを用意し、対人距離(イスからイスの距離)を最低でも1m離して設置したほうが良いです(ソーシャルディスタンス)。コンロ周辺に人が集まることが予想されるので、焼く係を決めて一人一人小皿に盛り付けして渡した方が良いです。イメージは学校の給食です。

その他

  • 大皿、カップ、お箸などの供用はしないこと
  • 飲み回しはしないこと
  • 近距離、大声での会話、歌唱はしないこと
  • 頻繁に手洗い、消毒をすること
  • 体温測定(37.5度以上ある時は参加しない)
  • 体調に不安があるときは参加しない
ソーシャルディスタンス バーベキュー

ソーシャルディスタンス

コロナ対策バーベキューする時の持ち物

  • 人数分の椅子、テーブル
  • コンロ、トングも多めに用意
  • 取り皿も多めに用意
  • マスク
  • 非接触型検温計
  • アルコール、次亜塩素酸水
  • 手洗い用洗剤

 

最後に
個人的な意見ですがコロナ対策を意識できない方はBBQして欲しくないです。もし、感染者がでてしまいますと、その場所がクラスターとなり、感染された方、安全にBBQできる方にも迷惑がかかってしまいます。コロナ対策をしっかり実施したうえで、皆んなが安全安心してBBQができたらいいてすね!それがwithコロナの時代かと思います。

 

大阪でコロナ対策ができている手ぶらBBQ場

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。